医療脱毛とエステ脱毛の脱毛方式(仕組み)の違い

巷に溢れている脱毛の情報。

良いことばかりが謳われているので、どれを信じて良いか分からなくなりますよね。

 

しかし実際に「永久脱毛」と呼べるのは、クリニックなどで行われる医療脱毛だけです。

 

安いエステ脱毛で行われているのは、いわゆる「光脱毛」や「フラッシュ脱毛」が一般的です。

これは毛根にダメージを与え、生えて来にくくするというもので、「いずれはまた生えてくる」のです。

痛みも少なく、広範囲を一気に処理できるため時間もかからず、安価に行えるのですが、こういったデメリットがあるんですね。

 

クリニックで行われる脱毛は、「ニードル脱毛」と「レーザー脱毛」があります。

どちらかというとレーザー脱毛が一般的ではないでしょうか。

 

これは毛根を破壊してしまうので、完全に毛根が壊れてしまったらもうムダ毛が生えてくることはありません。

しかし、フラッシュ脱毛より痛みを感じる人もいるようなので注意が必要です。

 

それから広範囲を処理できないため、時間がかかり、結果的に費用もかさむ場合があります。

 

中でもニードル脱毛は、毛の色素を選ばないのでうぶ毛までキチンと処理できるのですが、かなり時間がかかってしまい、さらに痛みもレーザーなどに比べると感じやすいと言われています。

 

しかしそんな時にも、麻酔を用いてくれるクリニックを選べば安心ですね。

脱毛される人の立場に立ってくれるかどうか、それがクリニックを選ぶコツです。

 

ですから、脱毛した後のアフターケアなどに関してもよく調べてみることが必要になってくるでしょう。

 

尚、お顔に関する悩みを解消したい方は、フェイシャルエステがいいでしょう。